読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーなる吉澤日記

Team SHIDO カレーを食べて自転車に乗る日記

宇都宮ロードレース

レースレポート

第1回 JBCF 宇都宮ロードレース E3 1組目

6.4×3=19.2km

 

1日目のクリテリウムは都合が合わず今年から新設された2日目のロードレースから今年の実業団レースの開幕となりました。ローラーでのインターバル走をこのブログでも度々報告していたことからわかるように、当初はクリテリウムの準備をメインに練習してきました。ロードのコースレイアウトも理解していなく、最大斜度16%の鶴カントリークラブ(鶴CC)の激坂を登るのも前日に知ったぐらいでした…(笑)まぁ、これは完全に自分が悪いんですが。でも、登りフィニッシュでもあるのでなかなか自分に合っているのかな?と思っていました。以下レースレポートです。

 

出走は15:05から。朝7:30頃の到着からは8:30頃に1週試走をしてコースを確認。KOMである鶴CCの坂では2分ほど斜度10%以上が続き、ジャパンカップのコースでもある森林公園を逆周するようなレイアウト。なかなかにタフのレースになりそう。

 

試走後はE2,E1.Fのレースを観戦し、14時から一回だけ心拍をガッツリ上げてアップ。アップ後、14:20分スタート受付の検車に行くと既に長蛇の列が。いや、この時間で…マジか…!と思いながら並ぶ。スタート40分前で結局最後尾(笑) 仕方ないかと気持ちを切り替えスタートの合図を待つ。

 

15:05定刻通りスタート。一気に右ラインから上がっていく。勝負所の鶴CCまではほぼ平坦なのでそこまでにある程度前までポジションを移す。登りが始まると集団から6名ほどが飛び出していく展開。僕もここに動きを合わせたかったが、前方が失速しラインを塞がれてしまい、数秒遅れる。先ほどの6名が1週目のKOMをクリアしてから8秒遅れてメイン集団の先頭として通過。KOM後はすぐに下り、アップダウンが続く。ここで集団を捕まえたく何名かで追走したかったものの、後ろを振り返ると5秒ほどメイン集団とも離れている。宙ぶらりな状態。1秒考え、集団で回して追いついたほうが脚を消耗しなくて済むと考え、後ろを待つことに。結果、ここが勝負の分かれ目で、脚を使ってでも1人でブリッジするのが正解だったのですが、この時はわかりませんでした。合流したメイン集団のローテションは全く回らず前方の6人とは15秒差に。何名かで声を掛けましたが20名ほどの小集団はまとまらず。追いつけないまま2週目の登りに突入。

 

先頭集団は1コーナー先に見えてる状態。この時考えていたのは

「1. 飛び出して、呼応した脚がある少数名と回して先頭集団を捕まえる」

「2. メイン集団でステイ」

の2択でした。先ほど、後ろを待つという言わば消極的な選択をしてしまったのでここは脚を使ってでも積極的な走りをしようと思い立ち、1.を選択。2回も消極的な選択をしたらダメな気がしたので。すると、近くで先頭と20秒差の声がする。これ以上はヤバイと思い、斜度がキツくなる残り300mからダンシングで掛けていくことに。山頂を1週目と同様メイン集団のトップで通過し、そのまま下りも飛ばし追走開始。前がギリギリ見えてきた。これなら追いつけるか?と考え、後ろを振り返るも、後ろはまだ来ていなかった。1週目と全く同じ宙ぶらりな状況になってしまったようだ。1人で行くしかなくなるが脚も結構使っていて正直キツイ。しばらく単独で前を追ってみるものも、追いつくまでにメイン集団に吸収されてしまう。ただ、集団のペースはここでは上がっていたように感じた。集団活性化の要因にはなれたかもしれないが、前へ追いつくために脚を使ってしまったわけで、かなり苦しくなっていたのも事実。うまくいかない。結局2回の宙ぶらり状態でそれぞれ違った決断をしたものの、両方が上手くいなかったという悲劇。此処へんの判断の正確さが勝負勘というものなんだろう。正直まだ自分にはない。だからレース経験を積まなきゃと、苛立ちを覚えながらなぜか冷静な思考をしている自分がいた。

 

最終周回ではようやくローテが回っていた。辛かったのでありがたかったものの、やはり時既に遅く、最後の登り前には先頭と35秒差。先頭集団つえぇ。ここでもう7位狙いに切り替える。だが、脚はなかなかの疲労感。あぁ、ヤバイなぁと思いつつもやれるところまでやるしかないと腹をくくる。

 

残り300mから集団後方にいた選手が飛び出していきペースも上がっていく。残り200m付近からもがきが始まり自分もいっぱいいっぱいになりながら何とか付いていくものの、残り100mで脚がガクッと重くなり万事休す。前に3名いた状態から5名ほどに躱されグッタリしながらフィニッシュ。結果15位。。。

 

 

できたこと

・冬の間のトレーニングにてベースレベルの向上により千切れることがなかった

・苦手だったインターバルも対応できた

・登りでは集団よりも早いスピードで登れていた

 

できなかったこと

・勝ち逃げに乗る判断をこなせなかった

・最終周回の登りスプリントで垂れてしまった

・トータルの実力がまだまだ足りなかった

 

反省

勝負事にタラレバはありませんが、選択肢のミスが2回ありました。1回目のステイと2回目の飛び出しです。ここで違った判断ができていればまた違った結果があったかもしれません。ですが振り返ると、判断した時点でもっと実力があり、絶対に追いつけると自分に自信があれば今回の選択はしなかったように思えます。根本は結局「実力不足」ここに落ち着くんですね。あぁ悔しい。

 

ただ、2組目の1位よりタイムは早かったこともそうなんですが、苦手だったインターバルへの対応だったり、登りの軽快さなど通用した部分もあり今後のモチベーションの救いになりました。次は来月の群馬が2戦目となりそうです。もしかしたらレース数をこなしたいがために他のレースに参加するかもしれません。いずれにせよ、やることは己の強化なので、継続してトレーニングを続けていきたいと思います。次回は反省点を踏まえトレーニングをどう変化させたらを書けたらいいなぁと思います。

 

 

あぁ、もっと頑張ろう。

真夜中でも練習

トレーニング

3/15(水) 10分301w tabata 20s-10s × 8 420w

3/16(木) 20km 38分 NP272w TSS71

 

15日は23時に帰宅で、即ローラー。300w以上の10分走からで、301wでクリア。レストを挟んでお次はtabata。ターゲット420wをなんとか8回クリア。いや、キッツイですわ。ただ、ケイデンスを高めでこなしてみましたが、脚へのダメージが少なく感じて、いつもの30s-30sより楽にできました。

 

 

16日はSHIDOへ日曜日の宇都宮ロードのために実業団ライセンス納品ライド。案の定仕事で23時帰宅だったので真夜中に。疲労はありましたがせっかく乗るならと思い、全力でSHIDOまで。結局ストップ&ゴーでNP272、ave221wとインターバルが掛かった高強度を行えました。明日は休養し明後日は軽く走って整備という形で日曜日に備えたいと思います!

 

f:id:yy_football-20144:20170317174801j:image

練習とライブ

トレーニング

3/11(土) 小山田周回+ローラー20分走+10分走

3/12(日) 小山田周回

3/13(月) ローラー15分295w+30s-30s400w×10

3/14(火) ローラー10分302w+4分361w

 

週末は小山田周回をしに尾根幹へ。あまり実感はないのですが、ここ最近周回のタイムを更新できてます。過去よりだいたい30秒ほど早いタイム。信号も引っかかりますし、各segmentを更新しているわけでもないので、平均スピードが向上したのだとしたら嬉しい。

 

 

一方、平日のローラーはなんとかこなしているような現状です。帰宅時間が23時近く、その時間からのスタートなので、疲労感があり、モチベーションだけでなんとか動いています。それでもいざ始めると身体はまだ動く。

 

月曜日は30s-30sの400w設定で10本。久々のインターバルでしたがなんとか400wを下回らずに完遂。インターバルに弱いため今後も継続しなければ。

 

火曜日は10分走をやった後に、5分6倍にチャレンジ。結果は4分361wで出力は充分でしたが5分が出来ず、最後は脚が重くなり終了。沖縄までには2〜3本できないとダメなんだろうなー。まだまだパワーが足りませんね。

 

===================================

 

たまには自転車の話以外も。

今回はオタク系の話。

 

土日は久しぶりにライブを観に行きました。いつもは海外のどマイナーなバンドばかり観に行くのであまり大きい会場に行くことはないのですが、今回はアイマスなので武道館!

f:id:yy_football-20144:20170315172030j:image

ミリオンライブ4th

楽曲、パフォーマンス、演出の全てが素晴らしかったです。また、演者一個人として喋るMCでは感極まり泣いてしまう方も多数いて、正直演者も売れっ子ばかりではないので、その人間味溢れるコメントに心打たれてしまいました。そして最後には涙腺を殺しにくる演出もあって、久々に涙腺が緩み掛けました。アブナイアブナイ。やはりアイマスは成長譚ですね。

 

 

自分も頑張らなければとパワーを貰えた週末でした!

 

継続

最近はなかなかにハード。

特に仕事の面で。

職種的に仕方ないのだが。

ひとまず4月までは落ち着かない日々だ。

 

土曜日の練習会には参加できずにいる。

もちろん、疲労を言い訳にして朝起きれないだけなのでここは意志の弱さだろう。

しっかりしなければ。

 

それでももちろん午後には稼働して練習。

小山田周回が定番化。

距離は稼げないものの強度は稼げるコース。

多摩川CR以外は頑張る。

尾根幹は各所至る所にsegmentがあるのもサボらない意識が生まれるため有難い。

 

 

さてさて、ロードのシーズンインがあっという間に迫ってきた。

冬のトレーニングはうまくいったのか?

まだまだ体重は絞れていない。

だが、平日のローラーは過去よりやってきた。

それでもずっと続けないと意味がない。

まだまだ自分の設定した目標には届いていないのだから。

辛抱強くやっていこう。

骨盤のお話

トレーニング

 

3/4(土)

狛江→生田スタジオ前→裏尾根幹→尾根幹→小山田周回→尾根幹→狛江

73.27km 754mUP NP242w TSS248.0

 

今週は仕事が多忙であったため疲労困憊状態。金曜日も飲み会があり帰宅は24時過ぎ。さすがに明日早起きして練習は難しかったので、目覚ましをセットせず体力回復を優先しました。そうしたら目覚めたのが11時…。ありゃ…そんなに疲れていたのか(笑)。ただ、しっかりと睡眠できたことで疲労感はあまりなくなってました。

 

午前中はゆっくりし、15時ぐらいからサクッと小山田周回をやりに尾根幹まで。今日は骨盤の角度を意識しながらのトレーニングを行いました。昔から何かと「骨盤を立てる or 寝かせる」の論争がありますが、個人の身体的特徴により適正は変わってくると考えています。そして自分は今まで骨盤の角度はニュートラルな角度を保つことを強く意識していました。理由は自分にとってもっとも楽な姿勢であり、使いたい筋肉を使えている感覚があったからです。

 

f:id:yy_football-20144:20170304205455p:plain

ただ、先日、NIPPOで活躍している窪木選手が骨盤を立てる角度にして以降ハムストリングをより使えるようになり出力維持が楽になったという内容の記事を読みました。以前よりその記事は読んでいたのですが、その際は自分の出力値を知っていなかったためあまり興味がなかったので読み飛ばしてしまっていました。ですが、今は少しでも強くなれる要素があればと思い、とりあえず試してみることに。もちろんトッププロがやってはじめてうまくいっているケースなのでまずは自分にそれが合っているどうかがもっとも大事だという意識は忘れずに。

 

まずはさまざまな斜度の登りで試してみましたが、やってみてスグにわかったことは『前から登りは骨盤立ててたわ(笑)』ということでした。自分は登坂時は前乗りでハンドルのトップorブラケットを握りながらサドル上でスクワットをするようなイメージでペダルに体重を落としこんでいます。いろいろなフォームを試した際にもっとも殿筋を使いやすかったのがこのフォームだったからです。そして斜度のキツさにより立てる角度を強くしていくイメージです。

 

一方、平地はニュートラルな角度であり、むしろエアロを意識し寝かせることも多くあることに気づきました。そこでさっそく骨盤を立てながら強めに巡行してみることに。

 

『うーん…あまりよくわかんねぇ(゜-゜)』

 

そもそもこういう感覚に疎いのを忘れてました(笑)。とりあえず、巡行時のキツさは変わりませんでしたが、気持ちハムに多めに負荷が掛かっていて、その分大腿四頭筋あたりの負荷が少ない印象でした。まぁ、こういうのってしばらく続けてはじめて良さや自分に合っているかどうかがわかるものなので、これからもちょくちょく試して理想のスタイルを探求していきたいものです。それにこういう奥深さが自転車の面白さでもあると思うので、自分は楽しんでやっていきます。

 f:id:yy_football-20144:20170304211728j:image

 

 

ローラー

トレーニング

3/1 (水)

ローラー 15分305w 5分311w

3/2 (木)

ローラー 10分302w 

 

今週のローラーは会社からの帰宅時間が遅くボリュームは少なめ。その分300w以上というこだわりを持ってやりました。

f:id:yy_football-20144:20170304231105j:image

 15分305wは一応自己ベスト。ただ、まだ20分の壁は高く、15分も最後の3分は「つらい!やめたい!」以外の感情を失ってました。それでもなんとか完遂できたので良かったです。

 

来週のローラーは今週できなかったインターバルをやらなければ…。ホントつらいのでもう嫌気がさしています(笑)

 

再び単独走

トレーニング

2/26(日)

朝起きたら知らない天井。

そう、昨日はパール宅に泊まったんだった。

 

家事に勤しむ彼に見送られ今日も単独走へ。今日は最初から尾根幹へ行くと決めていた。

 

狛江出発なので多摩サイで筋肉を動かし始めていると、本日のサイクリング会御一行とエンカウント。ちょうど終わったところだったらしい。今日は3人と少なめだった様子。

 

少しだけ話してすぐにスタート。

蓮光寺天国の階段→尾根幹往路→小山田周回×2→尾根緑道→尾根幹復路

90km 886up NP228w TSS221

各箇所を全力でやりながら、平坦もなるべく落とさず、交通量の多い箇所で休むイメージで。

 

 

尾根幹付近は大学生時代から何度も走り込んでいるルートなので過去の感覚と照らし合わせながら走りました。登りは絞れてないのでまだまだですが、全体的なパワーは上がってるような気がします…(過去のデータがないので感覚値ですが)。ただ、平坦のスピードは過去よりも上がっていたので、とりあえずローラーの成果が出たかなと一安心。まぁ、まだまだ全然弱いんで頑張らないとなんですが…(笑)

f:id:yy_football-20144:20170228170659j:image

 

そうそう某ブログで、パワーメーターの数値に囚われすぎという記事を読みました。全くその通りでしっかり活用できないとダメだと自分も思います。

 

ここで話したいのはこれに対して、やっぱりパワーメーターは不要じゃないかという発言を結構な数見たことでした。あれ?そう飛躍するの?という感じ。

 

ちょうどパワーメーターを導入して2ヶ月経ったので、良い機会だと思い自分の意見を。

つい最近までサイコンすら付けずに走っていた自分が言うのもアレなんですが、パワーメーターは有った方が(なくても)良いと思います。しっかりと解析することができれば自分の力を客観視できますし、何が足りないのか明確になります。日々何をすべきか考える材料があり、また何をしたかを記録することができるのは非常に便利です。特に自分が購入したパイオニアはシクロスフィアとの連動が非常に優秀なので重宝しています。もちろんなくても分析できるorもう既に超強いという方には必要ないと思いますが。大事なのは速く走れるようになることであって、パワーを出すことじゃないので、手段が目的に変わらないよう自分も気をつけたいところです。

 

結局何が言いたいかというと、レースなどを走ってるときは走りに没頭し、走り終わった後にゆっくり分析するメリハリが大事かと思います。走ったあとにレースや練習記録を振り返るツールが有った方が[楽]だと思います。あとはあると、つらいローラー練のモチベーションが上がります(笑)