カレーなる吉澤日記

Team SHIDO カレーを食べて自転車に乗る日記

所謂モガテンを2本

8/22 45:15 80tss

平日ローラートレーニング。今日は麒麟山の田崎さんがやってるモガテンに2本チャレンジ。設定はとりあえず5倍以上。

 

7分アップして10分5倍以上1本目

f:id:yy_football-20144:20170823004239j:image

 297w 5.1倍

290wを維持しながら後半ビルドアップしてひとまず達成。どうせなら300wは出したかった。

 

f:id:yy_football-20144:20170823004241j:image

295w 5.1倍

1本目より少し腹圧をかけて踏んでなんとか10分辛抱した。

 

 

そして以前より10分走が楽に出来るようになった。少しは成長したのだろう?それともたまたま調子が良かっただけなのか?とりあえずなんとか2本達成できたのは良かった。

 

次は300w以上で1本はやりたい。

 

おわりー(●・▽・●)

 

 

 

 

SHIDO 夏合宿 Day1

133.75km

2500.7mUP

322.3TSS

 

f:id:yy_football-20144:20170821153542j:image

 

毎年恒例の1泊2日のSHIDO夏合宿。去年は軽井沢に行きましたが、今年は矢野口から自走で山中湖を目指すというプラン。そして自分としては皆さんと楽しく走り要所で上げるというプラン。裏ヤビツと三国峠がDay1のアゲポイントです。

 

今回はサポートカーとして荷物や全体の様子を把握してくださる添野さんがいらしたのでホントに助かりました。ありがとうございます。

 

f:id:yy_football-20144:20170821154045j:image 

 

 

今回ルートは尾根幹→宮ヶ瀬→裏ヤビツ→246→三国峠→山中湖のコース。そして20人の参加なのでグループを3つに分け矢野口ローソンをスタート。私は第2発グループに。久しぶりの皆さんとのライドを楽しみ、会話しながら走っていきます。

 

f:id:yy_football-20144:20170821154147j:image

得意のNIGEピース

 

f:id:yy_football-20144:20170821154720j:image

 FJNさんの綺麗なフォームを後ろから堪能

 

途中NEZ氏の強い牽きであっという間に宮ヶ瀬までとうちゃっこ。皆様ぶーくさ言いながらなんだかんだ笑顔で余裕そうに走ってる。タノシス。

 

f:id:yy_football-20144:20170821155353j:image

ワイワイ行くDOさんグループ

 

f:id:yy_football-20144:20170823002601j:image

パールが牽いた先着グループは速すぎたらしい

 

 

 

宮ヶ瀬で休憩を取りながら全体の到着確認。そのあとは裏ヤビツへGO!登りはバラけるので名古木のセブンまではフリータイム。一回目のアタッコ区間の登場です。

 

 

入り口付近から1人でペースを作っていく。途中アーティの3人組が抜かしていってツイの知り合いがいるか見たけどいなかった。その3人の方が私たちの前に出ていったので車間取りながら見える位置に置いておく。詰めちゃうと裏ヤビツは狭いんで危ないですからねー。ペース作ったおかげで5人程の集団ができていて安全もしっかり確保できました。

 

f:id:yy_football-20144:20170821161039j:image

 

一方後ろはパールがスポーク吹っ飛ぶアクシデント。なるほど同じ集団にいないのわけだ。(結局スペアホイールを取りに東京に戻り道志ルートで復帰してくるのはスバラ)

 

んでアーティな方々を前に置きながら橋まで集団をエスコートしそこからTTを開始。

 

Yabitsu North Side 15:49

f:id:yy_football-20144:20170821161624p:image

f:id:yy_football-20144:20170821161627p:image

手元との狂いはありますがしっかり自己ベスト。15分が切れたらKOMでしたが練習ホイールでこのタイムを出せたので満足。裏ヤビツは斜度がキツくなる水汲み場をガッツリ攻め、そこからは斜度が緩いので気合い入れてハイペースで耐え抜くのがタイム短縮の大きなポイントだと思います。

 

 

山頂でコーラを買ってるとスグにASOさんが来る。早い速い。全力でアタッコしたんだけどなぁ。タレてたらブチ抜かれてましたねきっと。アブねー。

 

うーむ?山頂で写真撮ってもらったら謎の角度からに

f:id:yy_football-20144:20170823002731j:image

 

そこからは特に蓑毛区間をゆったり降って名古木セブンで休憩。再び3班に分かれて246で小山町まで。

 

f:id:yy_football-20144:20170823002833j:image

 

 f:id:yy_football-20144:20170823002936j:image

ASOさんの絶妙なペーシングであっという間にとうちゃっこ

 

f:id:yy_football-20144:20170823003025j:image

DOさんの補給が独特すぎて笑う

 

みんなで休憩して第2ラウンドの三国峠

まずは麓まで軽いクライム

 

f:id:yy_football-20144:20170823003215j:image

f:id:yy_football-20144:20170823003226j:image

 

f:id:yy_football-20144:20170823002920j:image

 

ガッツリ楽しんでいざ本番へ

 

三国峠 30:58

f:id:yy_football-20144:20170823003349p:image

f:id:yy_football-20144:20170823003351p:image

 手元は30:26だったんだけどなぁ…

 

f:id:yy_football-20144:20170823003452j:image 

 とりあえず後半に斜度16%の表示が出た時は『マジか!』と口に出してしまいました。

 

とりあえずsegmentは5位。上には6倍界王拳の使い手と噂の田中さんや右京のヒゲの方(もう剃ったか)がいらっしゃる。次回はコースの全体像が掴めているのでリベンジしたい。もっと速く走れるはずだ。

 

そして終わったあとは絶景のご褒美

f:id:yy_football-20144:20170823003815j:image

最高の夏 最高に夏

f:id:yy_football-20144:20170823003844j:image

f:id:yy_football-20144:20170823003941j:image

 

綺麗な腹圧ペダリングで出し切ったNGSWさん。三国峠のエグさが伝わって来る1枚(笑)

 

 

 景色を堪能してサクッとパールと合流してゴールの温泉へ

f:id:yy_football-20144:20170823004040j:image

 

 汗を流し買い出し宿に行ってメインのBBQへ

f:id:yy_football-20144:20170823004110j:image

 

さいこーに楽しい夜でした!

 

 

 Day2へつづく

SHIDO練習会

8/13(日)

156.29km 5:13:21 1469.8mUP

 

メンバー

安藤さん、丸山さん、滋野さん、山田くん(高1初参加)、自分

 

 

大垂水峠(9:35)

序盤はスローペース220wぐらい。霊園後からギア入れ替えて330w→410wと徐々に上げて先着。途中まで丸山さんのシフトアップする音が聞こえていて良い感じに追い込んで踏めました。ありがとうございます。往路は昨年から数えても1年ぐらい先着は譲ってないはず。この無駄なこだわりが働いて追い込めているかな。

 

f:id:yy_football-20144:20170814051221j:image

 

f:id:yy_football-20144:20170814051156j:image

 

山田くんが強い。

始めたばかりとは思えないなぁ('ω')

 

 

雛鶴峠

4人でローテーションしながら走る。登りのペースが速いと安藤さんに制されながらも多分今年一番のハイペースになる。人数少ないので牽く時間を多くし負荷マシマシ。ハイペースの影響が強く、丸山さんがいつも通り一発目の坂で上げたところ早々2人になる。そこからはペースでの脚の削り合いで5.5倍程。かなりつらお。そのまま最終局面まで行きロングストレート後の登り返しでアタッコ。一呼吸整えてからアタッコできたのでうまく離すことができて先着。ほんとにつらお。

 

 

饅頭屋で休憩してたら大久保カントゥクがビューっと参上。相変わらずフォームが美しいこと。オニューのプリベイルも似合ってる。滋野さんとサイクリングで帰るとのことで一緒には走れず。ターマックの感想聞きたかった。

 

 

帰りも良いペースで進む。ちょっと左足脛が攣りそう。ハムスピの福田さんが仰っているスクワット型ペダリングを行うと12時の位置に足を持っていく際にも足首が返らないので攣りそうになるのか?(そもそもスクワット型で出来ているか不明) でも踏みやすいのでとりあえずコレでオケ。

 

 

大垂水峠(9:21)

丸山さんと2人の対決に。ハイペースがボディブローのように効いていたため中盤からかなり苦しい。2/3過程まで来て遅れ始め丸山さんに8秒差で完敗。完全敗北!悔しい!次回は苦しくとも折れないハートを持参します。

 

 

少人数、暑い中でも強度高く追い込めました。参加された方ありがとうございます( ◠∞◠ )

 

時間がないときのローラー30分

 

標題通りに22:40よりローラー。

夜遅くあまり時間を取れないので30分だけ。いきなりストップくらうも、5分で再開して3分だけ脚を回したあと、ロクにアップもせずスタート。いきなり回すと結構キツくてヤバイかなぁーとか思ってると280w程は出せていたのでとりあえず10分5倍はやっておこうと。微弱だが徐々に出力が上がっていき5分経過で285wまで上がった。だが、シクロスフィアの体重設定を冬から全く更新してないため体重58kgの冬verのままだと気付き、データで10分5倍の証拠残すには290w必要になり慌てて上げていく。

 

f:id:yy_football-20144:20170809083525p:image

無事達成ε-(´∀`; )

(現在の56kgなら5.19倍かな?)

 

腰回りから股関節を動かしていくペダリングで脱力を強く意識するとなかなかタレなくて良い。やはり力みは疲労に繋がるんですなー。レースで使えるよう普段の練習からトライ♪( ´θ`)

 

f:id:yy_football-20144:20170809083542p:image

最後は5分だけL5やって終了。

 

時間がないときにすこしでも乗るか乗らないか。←コレ大事(なはず)。塵積も精神で底上げです( ◠∞◠ )

 

 

どぅーさんとさかもとさんの結婚祝いは何を買おうか悩みますな(●・▽・●)

 

チーム練習

8/5(土) チーム練習会

 

6:10起床。余裕を持って朝食を取り準備したのですがシューズを履いた時に腹痛発生。原因は明白で前日に上司と食べたこいつのせい。f:id:yy_football-20144:20170807115120j:image

 美味いけど練習前日には控えようと思います(・ω・`)

 

 

そんなことがあり予定より15分遅く出発。後から集団を追わなければいけないこと必至なので、なるべく早く集団に追いつかなければかなりキツくなるため集中して走りました。

 

多摩サイでは先の見渡しが良い区間に入るとエアロポジションを取って巡行。ハンドル内側から手首を外に返してドロップを握ると肩周りを脱力させながら体幹でペダルにパワーを乗せやすいので最近はこのポジションをよく取ります。力まなくなるので長続きするのがメリットなのですが、路面の良い平地区間以外は使用しにくいのがデメリットに感じてます。

 

そのおかげか急いだこともあり集合場所から1kmもないあたりで無事に集団に追いつくことができました。この猛暑の中1人で走り続けていたら死んでいたはずなので良かったです(笑)

 

追いつくとエバーウィンの成毛さんがTTバイクで先頭を牽いていてビックリ。しかもペースが速い(笑)後ろで休みたかったですが集団活性化につきあまり休めず!信号区間で安藤さんと2人後ろに取り残された時はガチ踏みしました。なんとか大垂水峠前に追いつけて良かったぁーε-(´∀`; ) 

 

 

大垂水峠(往路) 9:25

f:id:yy_football-20144:20170807122837p:image

大垂水峠に入ると先頭でペースメイク。250wぐらいでゆったり牽く。ラブホ前のロングストレートは270wぐらいで牽いていると成毛さんがTTバイクで上がっていく。後ろを見ると5車身程空いていて宙ぶらりん状態に。そうならばとペースを維持したまま走る。次第に成毛さんが落ちてきたので300w程で先頭に出て再度ペースメイク。チラッと後ろを見ると丸山さんとパールが追ってきていて5秒程離れた位置まで来ていました。今日は体感的にいつもよりキツかったものの大垂水往路は毎回先着していたので、320wで耐えながら走る。なんとか丸山さんに5秒程キープしたまま先着できました。かなりキツかったものの最後まで踏めたのでオッケーとします(^^)

 

 

 ■雛鶴峠

 今日は全体的にペースも速く、うだるような暑さでしたので既にダメージ充分でした。脚にもかなりキテましたが、エネルギーはまだあり、水分もしっかり取っていたので暑い中でしっかり走る練習だと言い聞かせ覚悟して走りました。

 

いつも通り中央館からペースが上がると安藤さん、丸山さん、ハンニバル、パールと初参加の早野さんの6人に。一発目の短く斜度のある坂で安藤さんが上げると丸山さんとパールの4人になり小さいアタックを潰す展開に。自分は既にキツいものの先着したい気持ちがあり様子を伺っていました。

 

そのままハイペースでロングストレートの登り区間になったところでアタック。最近はこの区間でアタックしていたので、警戒されてる状況でアタックを成功できるかというチャレンジの意味もありヘロヘロながらアタッコ。20秒程踏んでみるも安藤さんがなかなか離れずもう10秒踏むと少し離れたのであとはペースで行こうとしたら安藤さんが踏み直していて後ろからブンブン音がする(笑)OMG。離せたと思った直後の出来事だったので心折られ安藤さんに捲られました。その後力を使い果たした安藤さんが踏みやめていたので抜かし返せましたが1度捲られた時点で自分の負け。まだ、逃げ切れる力はナシ。もっとL5やらなければいけませんね。

 

 

復路も淡々と快調なペースで行く。ジワジワと疲労が溜まっていくなか、あっと言う間に大垂水峠まで。集団は6人。

 

大垂水峠(復路)  9:15

f:id:yy_football-20144:20170807132839p:image

序盤から丸山さんと2人になり交互に牽きながら逃げました。中盤になると1人になり自分のテンポで走る。今日は脚が無くなりそうだったのでインナーで走ってみることに。ケイデンス高めで登ると出力は出ないもののタイムはそこまで落ちていなかったので使い分けできるようにしたいですねー。

 

 

最後はセブンで給水、水浴びして浅川でまったり帰宅。7月は4週連続でレースでしたので、久しぶりにしっかり練習ができて良かったです。来週もしっかり積み重ねて、お盆でなるべく乗り込んでおきたいです!

 

 

 

夏合宿も楽しみ( ◠∞◠ )

やいた片岡ロードレース

第1回 やいた片岡ロードレース

E2 15位

 

自分の中で一番やってはいけない走りをしてしまい後悔の念に支配されてますが、次戦の為にも記載します。

 

コースは1周10km程で4周の計40km。周回の中盤に斜度のキツイアップダウンがあるも、終盤にかけて下り基調で、最終コーナーを曲がって登り基調のストレートがある設定。

 

終盤の下り基調が長いため、アップダウン区間で動いても、積極的な選手がまとまらない限り逃げが発生しにくいと予測。集団はまとまったままで、最終コーナーを前方で抜けた選手がスプリントで争う展開になると考えました。

 

結果から述べるとこの予想は的中し最終コーナーを前方で抜けたチームメイトのパールがスプリントで5位という結果。3.4.5位と同着だったようで本当に惜しかった。僅差で昇格を逃す気持ちは知っているので、手放しでおめでとうと言えなかったのは心残り。なので、あらためておめでとう!次は一緒に昇格できたら良いなぁなんて思ってしまいます。

f:id:yy_football-20144:20170731120205j:image

 

 自分はと言うと、最終コーナー前に上がるポジションを失いスプリントできずに15位。情けない結果を残しました。

 

反省点

・位置取り勝負とわかっていながら位置取りできなかったこと

・そもそも、展開の予測を壊す働きかけを考え実行しなかったこと

 

 

後からでは何とでも言えますが脚は残ってました。出し切ることができずにレースを終えたわけです。保守的な思考で消極的な動きで本当に情けない。

 

 

位置取りが大事とわかってながら、ポジションを下げてしまったことも問題ですが、大集団での位置取りが苦手なら集団を小さくして勝負に持ち込む必要性があったはずです。でも、しなかった、むしろできなかったのは自分に自信がなく実力が不十分だったことに他なりません。

 

 

早く次のレースにこの後悔の念をぶつけたいですが、最短でも1ヶ月半はレース予定が空くようです 。残念ではありますがその間に練習を積むことができるので日々どれだけ積み重ねていけるか再度見直し、準備をしていきたいです。そして、かっこわるい走りはもうしたくないです。

 

 

 

気付いたらおきなわのエントリーも明日に。

こっちも意識して練習しなきゃ

(●・▽・●)

 

JCRC 群馬ロードレース

 

JCRC 第3戦 群馬ロードレース

2時間EDクラス 4位

f:id:yy_football-20144:20170724130520j:image

 

SAクラスで出ようと思ってましたが安藤さんがEDクラスで出るとのことで自分もEDクラスに出ました。距離と強度を上げて練習したかったのでちょうど良かったです。実業団の連戦で疲れていたのでこの雰囲気の緩さはとっても心地が良い。チームからは根津さん、富永さんと一緒に出走です。

 

f:id:yy_football-20144:20170724130849j:image

 

当日は雨が強く路面が葉や枝が落ちたコンディションでしたが、雨の中しっかり強度を上げて走る機会はレース環境以外作りづらいので勉強の意味で走りました。

 

スタート前に安藤さんが『最初は自分からは仕掛けずに後半勝負』のようなことを仰ってたのですが、この言葉の整合性を判断する前にスタート時間に。嫌な予感はしましたがとりあえず素直に聞き入れます。

 

前回の第2戦はBクラスで出たのですが明らかに今回の方がペースが速く良い練習機会になりそうな予感がしました。実際に3周目ぐらいで先頭は10名満たない程になっていてまずは第一関門クリア。と言うか嫌な予感は当たり安藤さんが2周目にはアタックしてて後ろの人たちが「やめてくれー」と 叫んでいました(笑)仕掛けないとはなんだったんだろうか…。ただ、安藤さんが仕掛けてるので私はメイン集団に控えることができ、こういう意図で仰ってたのかな?と解釈しました。

 

最終的に優勝した方と安藤さんが序盤に2人で先行していたので自分は集団を牽くことはせず付いてくのみです。安藤さんが吸収された5周目あたりではカウンターで自分が心臓破りでアタッコ。この辺りは集団のペースも上がっていて次の週には捕まりましたが、なるべく交互にペースアップし周回を重ねました。

 

レースも2/3あたりまで進むと残ったのは6人で入賞はほぼ確定し、あとはしっかり走れるかどうかでした。集団では序盤逃げていた2人が強く、この2人のアタックが多く感じました。ペースが落ちない集団でアタックに反応したりでジワジワ脚が削られていくと残り2周の情報が入り、安藤さんに後は自由にやって良いとの通達を受けました。自分は安藤さんが脚を貯めるための発言だと解釈し残り2周はなるべく先頭で展開。登りでジワっと上げたりなど脆弱アタッコでなるべくペースを上げました。

 

最終周には5人になり、安藤さんが少し離れた位置にいて4人が集団にいる形。コーナーを終えリフト坂前に差し掛かったところで安藤さんと一緒に逃げていた強い方がするっと抜け出す。自分は直前まで牽いていて一息つきたかったタイミングでのアタックで反応を躊躇ってしまい、残り2人と牽制気味に。結局ここで逃げられてしまい優勝を逃しました。追走3名の中では序盤に牽いてなかったのが自分だったので流石に追走は先頭で行かせてもらう。安藤さんが戻ってきたらスプリントの脚を貯めてもらうためにも行きました。残念ながら安藤さんは最後の最後でパンクしてしまい2位争いには加われず、最後は最終コーナー後のロングストレートのスプリントとなると力負けしてしまい自分は4位でゴールしました。

 

 

 f:id:yy_football-20144:20170724140935j:image

 

チームで動いて勝てなかった我等。(と言うか私が弱くて機会を活かせず負けたのですが…)そのためこの表情。ちゃんと力を付けていつかちゃんと安藤さんの為に走れるようになりたいものです。

 

 

■総括

前々から課題であった持久力の改善の為に2時間高強度で走れたことはとても良いトレーニングになりました。(AVE.230w NP260w 平均時速37km)

また、補給の練習にはならなかったのですが、雨の中で2時間集中を切らさず走れたことも良い経験であったと感じます。

あとは本来ならダメな判断ですが、トレーニング的な点で言えば全てアウターで走りきれたのも少し自信になりました。

 

ただ、まだまだ弱くてチームで動いて勝てなかったので更なる全パロメーターの強化が必須です。自分の中では得意な登りを活かせるよう、特にベース部分の底上げに努めたいと思います。

 

 

来週は実業団矢板ロードレース。この7月最終戦が終わるとしばらくレースがないのでしっかりと走っていければと思います。

 

 

 

チームからは4名の入賞!3名のパンク!

チームの存在感は出せたかもです

(●・▽・●)