読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カレーなる吉澤日記

Team SHIDO カレーを食べて自転車に乗る日記

ツール・ド・おきなわ 2016 市民210km

レースレポート

 

ツール・ド・おきなわ 市民210km

 

朝は5時起床。6時30分会場入り。楽しもうという気持ちが強く、スタート10分前にリラックスして並ぶ。最後尾から。SHIDOのチーム員と健闘を讃え合いスタートする。

f:id:yy_football-20144:20161115124503j:image

 photo / Makoto.AYANO

 

初参加のため集団中盤あたりで様子をうかがう。3kmほどですぐに落車発生。ツール・ド・宮古島114kmチャンプの酒井くんが足止めを食らっていた。

 

その後は集団左端にラインを移す。前方にはオーベスト西谷さん。このラインで間違いないと判断する。集団中盤はブレーキの声掛けが頻繁に起きていて危なっかしい。案の定、前方で落車が発生。少し足止めを食らったものの、横からすり抜け対応する。

 

見てると集団右側の道幅の絞り込みに対応できず落車しているように見える。安全なのはやはり左端だと判断。後々、中尾さんにも尋ねたが左側が安定しているようだ。ただ、ポジションを上げるなら右端だと。確かにレース中、有力選手は右端から上がっていたのを散見した。レース4戦目だが、若さだけしか取り柄のないのはダメだ。レース中に学び取り、実行していかなくてはならない。

f:id:yy_football-20144:20161115124530j:image

photo / Makoto.AYANO

 

20km地点下りで大落車が発生する。道幅いっぱいに選手が積み重なる。なんともない下りでの集団落車。端に位置していたからか無事回避。シクロクロスのように自転車を担ぎ、歩道から全力で集団にブリッジ。集団左側にジョイントしまずは安全を確保する。

 

集団は落ち着き辺りを見ると、右隣にはパインヒルズ90のマスケンさん。練習会で何回かお世話になったのでしっかり挨拶する。右腕から出血していたので落車に巻き込まれていた模様。SHIDO頑張ってと言っていただけた。

f:id:yy_football-20144:20161115124559j:image

photo / Makoto.AYANO

 

 

普久川に近づくと位置を集団右側に変えていった。ポジションを上げるなら右端しかない。殺気立った雰囲気はなかったものの先頭付近は妙に落ち着いていた。有力選手数が多いためかレース後半勝負か?と感じた瞬間だった。そのままトンネルを抜け集団中盤あたりで普久川へ。

 

1本目の普久川はペースが遅いように感じた。『オールアウトするぐらいでいかないとダメ』と言われていたので覚悟していたがこれなら余力を持っていけそう。麓から70人ぐらいパスし先頭20番手ぐらいに位置取る。周りを見ると名だたる選手ばかり。補給地点で水を取り、下りに入る。

f:id:yy_football-20144:20161115123953j:image

photo / Makoto.AYANO

 

下りもまだペースは上がらず。周りの有力選手を見てラインをトレースし安全に下る。下り終え中尾さんに『これからだよ』と言われたので気を引き締める。

 f:id:yy_football-20144:20161115124728j:image

photo / Makoto.AYANO

 

補給しながらアップダウンをこなしていると、なんともない左カーブで選手が肩に突っ込んできて、弾き出される形で側道に突っ込む。コースアウト。側溝に突っ込み一回転する落車。何故勝負のかかっていない下りで突っ込んでくるのか(先頭集団にいる方なので強い方なはず)。身体はヘルメットのおかげで擦過傷と打ち身で平気だったものの、自転車がアウト。まさかのチェーン切れで走行不能に。ここで自分のツール・ド・おきなわが終わった。その後は関門地点まで歩き、救護を受け回収バスで名護へ。

 

 

 

 

余力を残していただけに、突然レースが終わってしまったのは悔やんでも悔やみきれませんが、それも含めてロードレースですので、割り切る他ありません。来年リベンジしたいと思います。

 

 

そうそうリベンジと言えば、再三リベンジと仰っていた中尾さんが6位入賞!おめでとうございます!強い意志で目標に向かって努力し続ける姿を間近で見ることができて本当に良かったです。最高の環境を無駄にしないためにもこれから精進し続けます。

 

そしてチームからは根津さん、平田さん、橋本さんが完走!練習でいつも走ってきた方達なので本当に嬉しい!これからもよろしくお願いします。

 

 

次回は来年に向けた取り組みについて書ければ。。あんまり大きいことは言えない性格ですが、目標設定はしっかり行わないといけないので

f:id:yy_football-20144:20161115130118j:image

 

※参照:写真はCyclowiredより引用

http://www.cyclowired.jp/news/node/217358