カレーなる吉澤日記

Team SHIDO カレーを食べて自転車に乗る日記

SHIDO 土曜練

6/17 (土)

距離 : 154.5km

獲得標高 : 1461.4m

NP : 206.6w

消費カロリー : 2834.0kj

TSS : 356.8

 

本日も雛鶴峠練に参加。起床は寝坊して6:25。素早く着替え、少量フルグラを食べ、ローラー台から自転車を外し、ホイールを交換し、空気を入れ、メーターをセットして6:40。急いで府中四谷橋まで。

 

■ツキイチおじさん出現

多摩川CRに狛江から乗り先を急ぐも多摩川原橋までは人が多いため安全に。過ぎたあとは快調に飛ばしていく。急ぎ始めるとスグにツキイチおじさん出現。タダ乗りしてやがるが290w近く出てるのに付いてくるとはなかなかやるじゃないかと謎に上から目線で感心しつつも先を急ぐので放っておく。寧ろ良いトレーニングになるかと思い少しずつ強度を上げていく。是政橋までで300w付近まで上げたがまだベタ付き。ゼェハァ言って下を向いているがツキイチをやめる気はなさそう。時間に焦っていたので更に先を急いで関戸橋まで向かうといつの間にか150mぐらい離れてた。結構強いツキイチおじさんだった。ツキイチおじさんのおかげか7:30ぴったりで府中四谷橋まで到着でき無事間に合った。

 

今日の参加は安藤さん、橋本さん、滋野さん、丸山さん、川崎さん、神山さん、ハンニバルな酒井くん、パール小泉、自分。川崎さん滋野さんは途中折り返しのため行程の多くは7人で。

 

■前を牽くのがヘタ

大垂水峠 9:18

いつも序盤安藤さんが牽くことが多く申し訳ないと思ってたので先頭で入る。だが、ペースが良くないとのことでスグにパールにバトンタッチ。モウシワケアリマセン…。今度は速度で合わせよう。

霊園まで行くとパールと丸山さんの3人に。パールに先頭交代を促されたので後半はマルッと引き受ける。まずはジワっと上げて350w付近に。そしてラスト2分弱は400w付近でペースアップしそのまま先頭でフィニッシュ。

f:id:yy_football-20144:20170620142808p:image

 

■精神の弱さが露呈

ローテーションしながら雛鶴峠。中央館までまとまりながら良いペースで来れた。中央館からは安藤さん、丸山さん、橋本さん、パールとの5人に。最初の坂で丸山さんが少し上げたペースに更に少しだけ上乗せして先頭に。一旦車ストップにあうものの、最大斜度17%の坂でパールが上げたのに反応。ロングストレートの登り前に丸山さんから先頭を代わり2週間前と同じ状況に。前回同様320w付近で牽くがみんな付いてきてる。ちょっと息を整えて仕掛けたかったので後ろのパールに先頭交代を促すも応答せず。それならキツイが自分から仕掛けようとドロップ握ってアタック。後ろは離せたものの安藤さんが1人追ってきていて明らかに余力がある。それに精神的にやられ安藤さんの後ろには付けず追い抜かれる。ここがダメでキツくとも頑張るべきだった。抜かれたあとスグにこれじゃダメだと思い追うも届かず2番手でフィニッシュ。仕掛けるなら最後までやり切らないとダメだと猛省。

 

■裏垂水で安藤さんに葬られる

雛鶴峠の復路もハイペースで行く。というか全行程ハイペースで地味に脚が削られて行く。そんな中でも個人テーマである裏垂水を今日も全力で。

 

大垂水峠(復路) 8:59

結構脚がキツイ状況だが最後の一踏ん張りと思い踏んでいく。序盤で安藤さんと2人に。序盤から安藤さんのペースが速く堪える時間が続く。何回か前に出てマイペースを築こうとしたがあまり効果はなく、ごん助看板でもうギリギリ状態。電光掲示板のあたりで安藤さんから離れてしまい、あとはなんとか山頂までこなしてフィニッシュ。安藤さんは自分を葬ってから途中力を抜いてたのでもう完全敗北!

 

f:id:yy_football-20144:20170620150452p:image

データを見ても2週間前より10w以上落ちてる。全行程ハイペースの影響で脚がなかったことが要因だが、ハイペースだろうとしっかり最後まで走れないと全然ダメだということ。気が引き締まる結果となった。そしてあらためてJPT選手と走れてる環境に感謝すると同時、この環境を活かせるよう更にトレーニングをしていきたい。

 

 

最後は浅川でゆったりと帰路へ。

f:id:yy_football-20144:20170620151542j:image

 

 

そのままお店に行くと中曽さんと木下さんがいらっしゃった。今日はシクロクロスバイクの相談。当初予定していたプランとは全く別のプランを提示していただき、即決で快諾しました。

詳細は別記事で書く予定です。

 

 

 

気合い入れ直してやっていこー(●・▽・●)