カレーなる吉澤日記

Team SHIDO 積み重ねの記録

やいた片岡ロードレース

第1回 やいた片岡ロードレース

E2 15位

 

自分の中で一番やってはいけない走りをしてしまい後悔の念に支配されてますが、次戦の為にも記載します。

 

コースは1周10km程で4周の計40km。周回の中盤に斜度のキツイアップダウンがあるも、終盤にかけて下り基調で、最終コーナーを曲がって登り基調のストレートがある設定。

 

終盤の下り基調が長いため、アップダウン区間で動いても、積極的な選手がまとまらない限り逃げが発生しにくいと予測。集団はまとまったままで、最終コーナーを前方で抜けた選手がスプリントで争う展開になると考えました。

 

結果から述べるとこの予想は的中し最終コーナーを前方で抜けたチームメイトのパールがスプリントで5位という結果。3.4.5位と同着だったようで本当に惜しかった。僅差で昇格を逃す気持ちは知っているので、手放しでおめでとうと言えなかったのは心残り。なので、あらためておめでとう!次は一緒に昇格できたら良いなぁなんて思ってしまいます。

f:id:yy_football-20144:20170731120205j:image

 

 自分はと言うと、最終コーナー前に上がるポジションを失いスプリントできずに15位。情けない結果を残しました。

 

反省点

・位置取り勝負とわかっていながら位置取りできなかったこと

・そもそも、展開の予測を壊す働きかけを考え実行しなかったこと

 

 

後からでは何とでも言えますが脚は残ってました。出し切ることができずにレースを終えたわけです。保守的な思考で消極的な動きで本当に情けない。

 

 

位置取りが大事とわかってながら、ポジションを下げてしまったことも問題ですが、大集団での位置取りが苦手なら集団を小さくして勝負に持ち込む必要性があったはずです。でも、しなかった、むしろできなかったのは自分に自信がなく実力が不十分だったことに他なりません。

 

 

早く次のレースにこの後悔の念をぶつけたいですが、最短でも1ヶ月半はレース予定が空くようです 。残念ではありますがその間に練習を積むことができるので日々どれだけ積み重ねていけるか再度見直し、準備をしていきたいです。そして、かっこわるい走りはもうしたくないです。

 

 

 

気付いたらおきなわのエントリーも明日に。

こっちも意識して練習しなきゃ

(●・▽・●)